黒牡丹の血

 牡丹の交配種がたくさん出回っています.その中で黒牡丹と花・玉牡丹系との交配があります.花はやや薄い紅色となりきれいだと想います.いくつか見せてもらっていると,その後代の疣には,黒牡丹の形態が強く現れることが分かります.大疣の玉牡丹とかけても疣の大きさは中間というよりは黒牡丹に近く,疣の形はまったくの黒牡丹型になることが多いようです.写真の株も中央の綿毛の盛り上がりは確かに多いのですが,疣は黒牡丹型です.これは何を示しているのでしょうか.もしかすると黒牡丹が祖先型なのかなとも思ってしまいます.昨今たくさん流通している大疣黒牡丹はこうして作られたものなのでしょうね.早く疣幅5cnを超えるような交配種スーパー黒牡丹が早く出現しないかなと思います.

花黒接2016
花黒②


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR