花持ちの良し悪し

 これは花牡丹×赤花三角牡丹ということで分けて頂いたものです.穏やかな花色がなかなか良いなと思ってみていました.毎年比較的短い間に牡丹類は咲いてゆきます.そうすると株によって花の持ちの良し悪しが相当違うのです.この株は,わが家の牡丹類の中で一番と言って良いほど花持ちに優れています.要するに個々の花の咲いてから萎むまでの期間が長いのです.ずいぶん前の記事でサボテンの花弁の萎れにはエチレンが関与していることを書きましたが,牡丹類に見るこの花持ちの差は何が原因でしょうか.たいへん興味がありますが,このようなタイプの花では確かめるのがなかなか難しいです.

花×赤花三角
花×赤花三角2016.


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

テロなんかも個体差がありますね。面白いです。牡丹は自家受精するのでしょうか。

No title

しまねっこさん、いつもありがとう。
さすがにエチレン生産を測るのは難しよねー。花サボなんかは、もっと花持ちで選抜すべきなんでしょうね。
牡丹類は、ほとんど自家受粉しないとされています。大概、目的持って交配をしてしまいますので、本気で自家受粉が可能かどうか試したことはありません。

内生エチレンを測るのは至難ですね。きっと量や発現時期に差があるのでしょうが、あの柔らかく肉厚の花を測ろうとすれば傷害エチレンがすぐ出てきそうです。
最近、交雑親和性がなくても受粉刺激で花の萎凋が起きるような気がしています。花柱が長いか短いかで開花期間が違うのではないかと疑っています。
花サボテンは開花期が長くなればもっとメジャー化できそうですが、一夜限りの贅沢というのも悪くないと思うのは趣味家の偏狭な価値観でしょうか…(笑)
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR