ゴジドトウの疣の変化

 これはゴジラ×怒濤花牡丹です.そもそもこうした種間交雑種は,実生個体によりその顔付きはずいぶんと異なり,それはそれで楽しいものです.この株はお迎えして3度目の秋を迎えます.段々と大きくなって来て目についたことがあります.それは疣の形態です.小さい時は疣のまん中に筋がはっきり通っていてそこに綿毛が生えるという亀甲牡丹の形質が見られました.しかし,段々と大きくなるに従い,出て来る疣のすべてからこの中筋が消え,どちらかといえば花牡丹の疣に近くなって来ました.2枚目の写真の様に花は中間型と言えますし,種もとれるので稔性もあります.さて将来の姿はどのようになるのでしょうか,楽しみに眺めてゆきます.

ゴジドトウ2016
ゴジドトウ2016−2


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR