憧れの新種

 マミラリアにまだ新種があるなんて思いもよりませんでした.2014年に初めて記載,メキシコ アオハカ州にて発見されたものの様です.発見者であるAndreas Bertholdにちなんで,Mammillaria bertholdiiと名付けられました.どうしたことか,日本では間違ったスペルが横行しています.和名は’牡丹の舞’とされたことをカクタスガイド誌で知りました.良い名前ですね.
 この種は,マミラリアの中ではサボアエグループに属するとされ,写真で見る限り,花の特徴などからなるほどと思わせます.サボアエグループであるということは,種子が採れにくく,かつ発芽が悪いことが予想されます.このグループの種子は,Cryptocarpyと呼ばれる特殊な生態を持つためです.このことは日を改めて解説しようと思います.
 何はともあれ,この新種を発見後わずか2年で手に入れて,こうして眺めることが出来るのは幸せなことです.来春には花が見られるかなと楽しみにしています.

新種


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

bertholdiiはcryptocarpyなんですね。種を買って蒔いてみたかったですが、だとすると市井への種子の安価供給はまだまだ難しそうですね…
昨年、ルエティーを植え替えた時に下の方からほじくり出して蒔いてますが、発芽能力がないのか後熟中なのか、何も変化せずです。
それにしても不思議な戦略ですね。

No title

しまねっこさん、いつもありがとう。
そうですね,種がバカ高いのも頷けます。でも実生したものが少しは出回っているので,まったく生えない訳ではなさそうです。これは芯止めカキコを接いだものとのことです。彼らがほんとうに後熟なのかどうか,明らかにしたいものです。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR