荒目模様の亀甲牡丹

 一作日,昨日と載せた亀甲牡丹と比べると目が荒いと言いますか,また違った疣表面の模様を持った個体です.この個体も疣表面のクチクラが発達しています.緑緑しているのもきれいですが,こうした白い粉を吹いたように見えるのも野趣があって良いです.
 こうして見ると何が亀甲牡丹標準なのか分かりませんが,それでも人はこれらを見て,ああ亀甲牡丹だね,と分かる訳ですからそこには共通した概念が存在していることになります.その範疇で色々と顔を楽しむという極めてコアな世界が広がっているのです.こうしたものをいくつも並べると楽しいのは,人の心に潜む不思議な性に依るものです.

荒目亀甲


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR