溝くっきりの亀甲牡丹

 写真の株は,最もオーソドックスな形態と言うか,亀甲牡丹とはなにかと問われた時に答える特徴を最も備えたタイプです.すなわち,三角の疣とその縁に沿った深い溝があり,アレオレの綿毛は疣の先端近くまで伸びています.更にこの株は疣表面のクチクラが発達していて白く見えます.
 気に入った株を交配していますが,実生の生育は早くなく成果を見るには時間がかかりますね.接木をすると早く大きくなるのは分かっていますが,亀甲系では,接木と実生とでずいぶんと草姿が異なってしまうので,余り接木をする気にはなれません.

オーソ亀甲2016


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR