地味な結実

 マミラリアのいくつかの種は,目立つ赤い果実を持ちます.赤い色が進化してきたのは,赤い色を認識する種子伝搬者が居ることを意味します.トカゲなど地面を這う小動物かまたは小型の鳥でしょうか.一方で実に地味な風貌の果実を作る種もあります.この写真は刺なし麗晃殿,少し繁殖をすべく刺なし同士の交配をしました.色もつかず,外にもあまり出ず.一体これでちゃんと種子が散布されるのだろうかと心配になりますね.
 このタイプの果実は,このまましばらく置いてやや萎びかけるまで待ってはずしてやります.まだ瑞々しい時は母体と繋がっていますし,うす茶色になりすっかり乾くと取り出す時に種がこぼれてしまいます.萎びかけが取り出し易いのです.得られた種子はガーゼにくるんで良く洗い乾燥させて保存します.ご覧のようにたくさん採れました.

地味な結実
たくさん



面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR