刺の神様のハウス

 是非一度見てみたいと思っていたハウスです.刺の神様,故Kさんのハウス.ちょっとタクシーで行くには分かりにくいなあと思っていたら,堀川カクタスまで奥様に迎えに来て頂きたいへん恐縮しました.堀川カクタスからさらに数百メートル山を登った丘の上が栽培場です.ハウスに入らせて頂くと,まずはなにより赤刺の集団には圧倒されます.幾人もの人が,ここのハウスをみて自分がフェロを作るのを諦めようか思ったというのが頷けます.フェロ達が居るのは無遮光のPOハウスですが,綾波達は黒色寒冷紗が,太平丸たちは白色寒冷紗がかかっています.うんなるほどねと感心.地植えのハウスでは,大きなフェロ達が押し合いへし合いしています.これらの株は,後々鉢上げして仕上げられるそうです.この日は丁度埼玉カクタスクラブの方々が訪問されていて,楽しくサボテン談議に加わらせていただきました.ハウスから振り返ると,栽培場のシンボルツリーの黄金アカシアが信州の夏の陽にキラキラ輝いていました.お持ち帰りは,ニコリーくん.大切にしてもらってねと,奥様は嫁に出すように仰っていたのが心にしみました.

Kさんー1
Kさんー2
Kさんー3
Kさんー4
Kさんー5
Kさん土産


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こちらこそ楽しい時間を有難うございました。
思いがけずさぼちゃんマイラブさんに会えるとは、これもKさんが引き合わせてくれたのでしょうね。
青空のもとで輝く刺たちと黄金アカシア、夢のような世界ですよ。
Kさんはここから上空に飛び立ったような気がいつもします。

No title

仙水さん、ありがとうございました。
ブログが取り持つ縁が、思いもよらぬ場所での邂逅となり、まさにおっしゃる通りKさんのおかげかも知れません。皆様によろしくお伝えください。またどこかでお目にかかるのを楽しみにしております。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR