へんてこりん君咲く

 あれは今年の1月のこと,山城愛仙園でへんてこりんなサボテンを見つけました.帰って調べてみるとPygmaeocereus biebliiでした.あれから半年,たいしてガタは大きくなっていませんが,初夏になって蕾を上げてきました.最初の花は,夜咲きということを知らず,もうすぐだと思っていたら朝には萎んでしまいました.
 まずエキノプシスのような毛に覆われた蕾がアレオレに現れます.しかし,開花前々日ぐらいから花筒が伸びるに従って,まるで白鳥の首のように横向きに大きく伸びます.そして最後にはまた上向きになって花を咲かせるのです.どのよう意味があってのことでしょうか?不思議なことです.流石に夜咲く花だけあってたいへん良い香りがします.タネを取ろうと思ってわざわざ3株買ったのに,思い思いの3様のタイミングで花を咲かせています.なんて自由や奴.

ピグマエ蕾
ピグマエ花


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR