瑞鳳玉たちの美しい花

 子供の頃,有星類はサボテンの中心でした.中でも瑞鳳玉の美しい花にはすっかり虜になりました.子供の頃の愛読書であったサボテンの本の表紙も瑞鳳玉の花でした.A. capricorneは相当種内変異の幅が広い種で,白点の有無,白点付き方や色合い,刺の色や長さ,カーブの仕方などで,7,8種類に分けられていました.子供の頃,真性大鳳玉は,瑞鳳玉と違って底赤にならない黄色の花が咲くのだと教えられ,実物をみてなるほど別種と言ってよいものだと関心しました.しかし,A. capricorneたちの花の底赤はいわゆる程度の問題で,種を分けるほどのものではなさそうです.もちろん園芸的に特徴ある個体群に名前を付けて区別するのは良いことで,ボクも大鳳,群鳳,白瑞鳳などと名札を立てています.春から初夏にかけて何度か咲く彼らの花にはいつもうっとりさせられます.

白瑞鳳2016
群凰2016


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

不思議な花ですね
やってみたいんですがここは寒すぎて多肉植物は無理みたいです

No title

Sukunahikonaさん、ご訪問ありがとうございます。
日本なら大概の地でサボテンは楽しめると思いますよ。北海道にもサボテンのクラブもあるようですし、信州は日本でもっともサボテン栽培に適した場所です。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR