杞憂であればよいけれど

 神代植物公園がチリのビーニャ・デル・マル植物園と提携をしたという記事をどこかで見ました.リニューアルした大温室の中で,乾燥地植物のエリアも新しくなるとのことでしたので,興味を持ってのぞきに行きました.全体として展示の工夫が溢れる素敵な新温室です.でも乾燥地植物のエリアの第一印象は,あれ?でした.新しく植付けられたサボテンはマニアックです.古くからある伊豆のシャボテン公園を始め,真鶴サボテンドリームランドなど今は亡き園をふくめ,日本にはサボテンの温室展示には相当の経験知があるはずです.それでこの植栽選択ですか.配置されたサボテンを見ると、購入には相当なお金がつぎ込まれたはずですが,この雑居ビルのようなエリアは,経年劣化ではなく急速な劣化が予想されます.これが杞憂であれば良いがと思いつつ一つ一つ写真に収めました.

神代大温室
神代1
神代2
神代3
神代4


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR