いつまでもずんぐりの恋山彦

 恋山彦というのは,ずいぶんオシャレな名前です.吉川英治の小説「恋山彦」にちなんで付けられたのでしょうか.でも「山彦」は三味線の名器であって,あまりサボテンと関係なさそうです.命名者が吉川英治ファンだったのか,それとも単に響きのよいこの名前が付けられたのか.一般に流通する恋山彦は,この写真ほど綿毛が発達しません.これは特白系統です.以前に恋山彦をここに載せたのは3年前のことです.そのときと比べると径はぐっと増していますが,分枝はして来ませんね,やはり強制的に多頭化しないといけないでしょうか.

恋山彦2016


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR