2冊の東京本

 東京本といっても江戸の歴史書でもなければ観光本でもありません.サボテンの歴史を先導して来た東京カクタスクラブの記念誌です.秋の夜長にパラパラとめくって読むには格好のサボテン本です.存じ上げない遠い先達から,今も頑張っておられる方々まで,様々な視点から書かれた記事はどれも興味深いものでした.ボクは子供の頃からサボテンが大好きでしたが,昭和52年ごろにすべてを手放し,それから30年の空白を作ってしまいました.その間のサボテン界の大きな展開を読むにつけ,なんだか残念なことをしたなとも思います.もしその時代にサボテンを継続していたら,また違った人生を歩んだかもしれません.

東京CC本


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR