オシャレなサボテン屋さんリトープス

 Webで見つけて,いつか行ってみたいと思っていました.調べた住所をマップに落として歩いたのですが,同じブロックを2周してしまいました.ようやく普通のアパートの入口ような階段の踊り場に小さな標識を見つけました.中はご覧の様に,素晴らしい別世界が広がっています.自然写真家としてご活躍の埴沙萠さんが,もし龍胆寺雄の温室のサボテンが整然と並んでいたら自分のサボテン人生は始まらなかったという趣旨のことをどこかに書いておられました.そうです,リトープスさんの店内は,子供の頃写真で見た龍胆寺雄さんの温室を思い出させる風景です.並んでいるサボテン達は,マニアの高い要求にも応えるものばかりです.このようなものをこんな風にショップに飾るんだと驚きと感動でした.
 およそ観賞植物というのは飾るためにあるのであり,売り手は素材を使って飾り方,楽しみ方を提案してこそ,そこに観賞植物としての真の価値が生まれるのです.オーナーさんは自ら生産もされており,これは小さな六次産業化だわと感心しました.自分のハウスもだんだん黒一色プラ鉢から脱却してもよいかなーと思い,小さなポットを分けてもらって帰りました.

リト1
リト2
リト3
リト4
リト5


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR