薫晃殿と月光殿

 クラインジアの麗晃殿は,その花の美しさから一つの種でありながら,中刺の色や欠損などからいくつかの異なる名前で呼ばれています.うちにも数株いるのですが,ぐっと気温の上がるころから次々と花を上げてきます.毎年、今頃記事にしていますが、いつ見ても吸い込まれるようなこの花は素敵ですよね.
 なんと言ってもかぎ刺を欠く月光殿(2枚目)がさわり心地も最高だし,扱いやすいし,もっと普及したいサボちゃんの一番手です.わざわざ実生株をいくつか手に入れて交配をしてみていますが,後代はすべて中刺なしになるのでしょうか.これも注目して育てていきたいと思います.

薫晃刺あり2015
薫晃刺なし2015


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

本当に吸い込まれそうで、うっとりです…。
ずっと覗き込んでいたいです☆

No title

ゆきさん,いつもありがとう。
花粉を運ぶ虫たちを引き寄せるための花に、どうしてヒトが魅惑されるのか,実に面白いことです。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR