fc2ブログ

ベルグマニー兄弟

 ベルグマニーEchinocereus fitchii ssp.bergmanniiは,随分以前に一度ウチにいました.ところがプシスに接木した株でしたが調子悪くなり,昇天してしまってました.冬場に水を切ったのが間違いでした.エビサボに花をたくさん着けるには冬場に水をやらない事だという怪しげな情報を鵜呑みにしたのがいけませんでした.外観も綺麗なサボテンだし,是非自分で種子を蒔きたいなと思い,改めて2株を手に入れました.でもこれまでなかなか開花が合いませんでしたが,今年はご覧のように完全にシンクロしました.
ベルグマニー兄弟2021
 花を並べてみると多少違うことがはっきりと分かります.ノドの色の濃い薄いの違いですね.
ベルグ兄弟の花2021
 横から見るとホントよく似ています,
ベルグ兄弟の横2021
 無事交配でき,着果したようです.真っ白い実生がたくさん出来るといいなと楽しみにしています.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

白い鷺の舞

白鷺(Mammillaria albiflora)が咲くと春も本番です.つぼみの時はなんだか黒っぽいのですが,これはこれでシックです.そしてパッと開いた時の美しさと華やかさは,マミラリアの中でもトップクラスです.これに白鷺という名を与えたセンスはなかなか秀逸です.綺麗に咲いた2株をアップしておきましょう.
白鷺小2021
白鷺N②2021
 昨年来相当数の種子を蒔きました.数株をキリンに乗せて見たことを先に記事にしました.流石にキリン台,あっという間に胴太になり,花も咲かせました.袖に接いで多頭化してからもぎ取り発根させるのは手っ取り早そうですが,やはり短命になるでしょうか.
白鷺キリン台2021
 キリン接ぎではなかなか自根にはなりませんので,白鷺の特徴である太い根が形成されず,ちょっと寂しいですね.なので地道に実生苗も育成しています.
白鷺実生2021
 でも成長は決して早くなく,これではなかなか大変だなとため息が出ます.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

武倫柱を眺める

 サボテンは,ざっくりと柱か,玉か、ウチワです.その中で柱サボテンは一大勢力でありながら,趣味のサボテン界ではいたってマイナー.ブームが起きたという話は聞いたことがありません.弁慶柱は誰でも知ってますが,大きなものを持っている人は極少数派でしょう.そもそも観賞価値が出るまで大きくするのは,場所も時間も大変です.
 せっかく広い栽培スペースを得たので,柱サボテンを大きくしてやろうと,長らく小さめの鉢で成長抑制してきたものたちを大鉢に,しかも普通の草花の培養土で植え付けて見ました.その一つが武倫柱(Pachycereus pringlei)です.10m以上の大木に育つらしいのですが,流石にそこまでは無理でしょうが,見上げるくらいにはならないものかと,密かに企んでいます.穂が上がって来た麦畑で撮ってみました.
武倫柱2021
 盛んに刺を出している成長点付近の様子は,力強い生命力を感じさせます.
武倫柱成長点2021
 ところで,この武倫(ブリン)という名前は, 学名のプリングレイの連想ネームなのでしょうか.武倫という熟語はなく,人の名前としてタケノリと読ませることはありますね.ちなみに、これを逆さまにした倫武はノリタケではなくヒトムと読むそうです.人名は難しいですね.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ


素敵なエスコバリア

 エスコバリア属は北米産の小さな属で,20種余りのそれぞれも小型です.このEscobaria zilzianaはメキシコ コアウィラ州辺りが故郷で,やはりこじんまりと生きている種なのですが,栽培下ではこの写真のように大きな株になります.ウチに来てからもうだいぶになりますが,年々大きくなっています.エスコバリアの花はとても温度に敏感で少しでも気温が低いと殆ど開きません.ですからこの写真のような状態に巡り合い撮影でるのは何年かに一度です.
エスコ A2021
 花の様子は,エスコバリアがマミラリアに近いことを容易に想像させます.しかし,エスコバリアには地味な色合いの花が多いのですが,これがまた大人好みとも言えます.
エスコA花2021
 株が大きくなると突然の崩壊が起きないか心配になります.仔を一つ外しておこうかなと弱気なボクです

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ


ホムセンのヒーロー銀沙丸

 この銀沙丸というサボテンは春になるとホムセンなんかにもよく並んでいます.とにかく大らかで沢山の花が着き,サボテン入門編にもってこいのマミラリアだと思います.沢山売られているのですが,その名前に使う漢字についてはちょっと困っています.銀砂丸としているのは,単純に字の間違いだとは思うのですが,銀紗丸だったり銀沙丸だったりしています.紗は,生糸で作った粗めの織物,銀紗とは銀粉のことです.一方,沙は砂のことで,銀沙は銀の砂という意味になり,京都の銀閣寺にある砂を敷いた場所を銀沙灘(ぎんしゃだん)と呼びます.もともとどういうネーミングだったのでしょうね.
銀紗2021
 漢字の件はともかくサボテンとしての正体は明らかではなく,ネット上でMammillaria discolor ssp. discolorの学名が使われていますが,根拠が明確ではなく,これで正しいのか疑問に思います.日本でのみ流通している品種で,M. discolorベースの交配種ではないかとされています.M. ginsaumae hort.という日本の呼び名であるGinsa–maruを元にしたような学名を用いているサイトもありますが,これが園芸交配種なのであれば,この学名表記方法は間違っており,使用すべきではありません.M. discolorのみから選抜された品種なのであれば,M. discolor cv. GinsamaruもしくはM. discolor ‘Ginsamaru’が正しく,他種との交配種起源であればMammillaria cv. GinsamaruもしくはMammillaria ‘Ginsamaru’が妥当です.
 本格的な春が訪れる頃,銀沙丸はすでに開花を終え,地味なマミラリアに戻って,栽培棚の1員として風景に埋没しています.
銀紗普段の姿2021

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR