fc2ブログ

キリンウチワの茎頂培養

 キリンウチワには大きな可能性があると思います.でも,一方で長らく栄養繁殖してきたキリンウチワはウイルスに罹病していると考えて良さそうです.暑い夏にこのような斑らが浮き出るのは要注意です.
キリンのウイルス班
 このためどうしても実生系の確立をしたいと思いました.以前にメキシコへ行った際に,ペレスキオプシス アクオーサの種子を頂きました.まあ取り敢えずこれでと繁殖して見ましたが,どうやらこの種は,多くのサボテンと接木親和性が良くありません.やはり種子生産しないとダメかと思い,それから数年色々やって見ました.日長,乾燥,肥料などなど,でも未だに花を咲かせることは出来ません.その後キリンウチワの花を見たという方をお尋ねしましたが,咲くには咲いたが一度きりのことで,再現できていませんでした.さらに自家受粉しても種子は乗らなかったとのことです.
 仕方がないので茎頂培養をして見ました.多くの栄養繁殖性の野菜,果樹,花卉類で茎頂培養によるウイルスフリー株が作られています.茎頂培養は,1960年に報告されたオールドバイテクです.
 まずは穂を用意します.活発に成長している茎の先端です.
キリン穂
 キリンウチワの茎頂は,普通の草花に比べてドーム(頂端分裂組織)がやや平たく,葉原基を取り除くと,どこが先端なのかわかりにくい形態です(不鮮明な写真でごめんなさい,真ん中の白い部分がドームです).0.5mmを目標に切り出して培養して見ました.約1ヶ月後小さな芽に再生しています.どうやら茎頂培養自体が難しい植物ではなさそうです.
キリン茎頂2019
 再生してきたシュートを節挿しで継代培養したのが下の写真.温度さえあれば取り出して順化することは難しくなさそうです.ごちゃごちゃやらずに最初から試みるべきでした.
キリン培養苗2019
 ある程度ビンの中で育ったので,外に出してやりました.最初だけ湿度の保持に気をつけてやります.この過程を順化といいます.特に問題なく,以後はすくすく育ちました.
キリン植え出し201
 さて,その上で最大の問題を提起しておきます.それはこれが本当にウイルスフリーなのか?という疑問です.実をいうと真にこれを確かめる術を持っていません.そもそも感染しているウイルスが何であるかがわかっていないと確かめようがないのです.それでは,この行為は無意味なのか?いえいえこれまでの園芸生産の経験からいえば,その効果は期待できます.後は実際に使って見てのことです.これをin vitroで増殖して,お世話になったキリンウチワ接名人に使っていただく事にしました.その評価を待ちたいと思います.ボクはボクでこの株を使って接木を進めています.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい,よろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ


スポンサーサイト



一夜の限りの晴れ姿

 夏も終わりかけ,ハウスでは夜中の舞踏会が続いています.夜咲きの花を見て写真に収めるのは,それなりの苦労があります.午後に蕾を見て,うーん今晩かなと夕食を終えてから見にゆくと,まだ蕾のまんま.骨折り損の蚊に刺され儲け,となります.でも見過ごしてしまったのでは元も子もない,またすぐに咲くわけはないのですから.
 久しぶりの夢袖,これは間違いなく今晩!
夢袖蕾2019
 予想通り素晴らしい開花を暗い温室で楽しみました.
夢袖満開2019
 次はレッドピタヤ(Hylocereus polyrhzus)これは今晩かな,それとも---,
レッドピタヤ蕾2019
 開花は翌日の晩でした.でも二晩通った甲斐のある素敵な花です.
レッドピタヤ満開2019
 花筒が長く重たそうです.写真にあるように枝を下方に曲げておくと花が着き易くなります.
レッドピタヤ花首2019

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

秋のマツカナ

 気温が下がって反応したのは,ロビビア ばかりではありませんでした.このマツカナ(Matucana formosa)の場合,真夏の間,成長点付近でぽっちりは見えていたのですが,なかなか発達してきませんでした.ところが盆過ぎに急速に蕾が伸び始めました.
マツカナ秋2019
 小さな蕾は伸び始めると早いんです.
Mフォルモサム蕾2019
 そして1輪咲き,他の2輪も追いついてきました.
Mフォルモサム1輪開花2019
マツカナ3輪開花2019
 下の写真は春に咲いた花,これと比べると少し花色が薄いようです.やはりまだ温度が少し高いからでしょうか.
マツカナ7月2019

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

季節の移ろいを読む

 これはロビビアの青玉(L. pentlandii)です.盆が過ぎで数日,今年は季節の移り変わりがはっきり見えます.先日まで猛暑だったのに,日本全体で真夏日となった地点がゼロ,グッと気温が下がりました.それに呼応するように蕾を伸ばしてきました.この青玉はこれまで何度もこのブログに登場します.ほとんどロビビア属のいないボクのハウスではどうしても目がゆくのでしょうか.何よりこの改良されていな素朴な美しさに惹かれます.
晩夏の青玉2019
 このような反応をしたのは他にも色々.驚いたのはマミラリアたちの吸水です.ザブッとやった水に反応してぐっと膨れた様子を見て,おーっと驚いてしまいました.さあ,秋の植え替えを急がなければなりません.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

小さくても頑張る緋縅

 ガタイの割に大きな花を咲かせる緋縅M. mazatlanensisです.ここしばらくいくつもの種を紹介した典型的な夏咲き小型マミラリアの仲間です.この株は,実は7年も前からウチに居ます.確かにその頃に比べると倍以上にはなっていますが,如何せん元々小さな株でしたから今でも株径は7−8cmぐらい.仕方なくマミラリアの雑居育苗バットの住人になっています.海外のサイトでは,小さいうちはゆっくり成長するが,仔を吹き始めると数年で大きな群生株になると記載されていますが、うちではなかなかですね.これからでしょうか?
緋縅③2019
 いつもなんだか乾いたような表情で,いったいいつ成長しているんだろうかと思うくらいです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR