今年のロエメリ

 毎年マミラリアの先頭集団として開花します.でも流石に冬真っ盛りなので,ハウスの気温が上がる日も少なく,このようにしっかりと開花した姿を写真にとるチャンスはそうそうありません.でもこの種はサイズの割には蕾がたくさん着くので,長期間花を楽しむことが出来き,春先になると見事に一斉開花します.
 ところでこのロエメリという種は,接木された苗をみると疣の間がずいぶんと空いて.まん丸で青々とした姿になるようです.一方,自生地の写真を見ると扁平に育って,平たくなった頭部のみが地上に顔を出しているようにして生きているようです.ずいぶんと違った様子で,とても同じ種とは思えません.やはり,しっかり疣のつまった姿がよいなあと思いました.
ロエメリ2018

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
スポンサーサイト

内裏玉の雌ずい

 早春のハウスでいち早く花を咲かせるマミラリアです.内裏玉は,百均などでも見られる普及種ですが,そのかわいさはなかなかのもの.丈夫ですし,窓際栽培など開花期は春本番の頃になりますが,結構咲いてくれるんです.
 じっくりと眺めていたら,雌ずいの先端の割れ方がちょっと変わっていることを発見しました.結構な頻度で3裂しているんです.多くのマミラリアは,5~9裂もともとサボテン科の花は多弁で雌ずいを構成する葉の数も多いと思われるので,ユリ科ヒガンバナ科が3つ,バラ科は5つなどのように固定はされていません.でもこの3つと言うのはいかにも少ないよなーと感心して眺めました.
内裏玉2018

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

なるほど白竜丸だったモンストくん

 これは白竜丸モンストという名で手に入れたものです.殆どアレオレが消失しています.マミラリアはアレオレから腋芽が疣の間に移動しているタイプなので,アレオレがなくても花を上げます.果たしてこれが白竜丸なのかなーと思って眺めていましたが,花の様子と最近になって少し刺を出して来た様子などから,なるほど白竜丸だったのねと再確認しました.
白竜丸モンスト2018
 マミラリアには幾つかこのようなモンストと呼ばれる変異体が存在していますが,その形態的共通点を上げろといわれるとビミョウです.つまり何がモンストなのか明確にされないままに,この言葉を冠したサボテンが多数流通してしまったことが不幸の始まり.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

表紙を飾るルエティー

 CSSAのジャーナルの表紙をみてオッと思いました.大好きなマミラリア ルエティーです.今頃何の記事なのだろう,日頃はパラパラとめくってポイッと本棚に行く小冊子ですが,しっかりと読んでみました.
 記事の冒頭で,このルエティーは世界で最も広く栽培されているマミラリアではないかと書かれていて,なるほどなと思いました.確かにマミラリアに興味のない人でも,この特異な形状と美しい花に見せられ,一鉢持っていることが多いと思います.
cassa1
 約60年前,ルエティーが発見され世に認知されるまでの逸話が面白く,さらに1996年にPhytologia誌に初めて論文として記載されて以来,多くの人が自生地を探し求めて,ようやく最近になりの自生地が特定されたとのこと.決して広くないとは言え,安定して世代交替もなされ,開発されそうにない場所らしく,たちまち絶滅の危惧はなさそうとのことで安心しました.何より自生地の発見までに時間がかかったことで,その間に人工的に繁殖したものが行き渡り,野生株の採取の必要そのものが低くなりました.このことは,野生植物の保護を考える上で重要な視点だと指摘されていました.まったく同感です.
casa2
それにしても掲載された自生地の写真は魅力的です.可能であればこの宝石をこの目で見たいものです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

厳冬の西武屋上

 冬の出張は,日が短いのでなかなか仕事終わりに辺りをぶらつくことが出来ません.折しも週の初めに雪の積もった極寒の東京,薄暗くなってしまった西武屋上を訪ねました.2日経ってもまだ店の前にはたくさんの雪が,こんな風景は滅多にないことなので,記念にと写真を撮りました.店の外の多肉類はすっかり中に取り込まれ,LEDに照らされた店内は暖かな雰囲気.でもこのコーデックスの側に置かれた温度計は5℃を示していました.昨日の東京の朝は−4℃を記録したとか.ビルの屋上はどの程度まで下がったのでしょうか.
厳冬の西武1
厳冬の西武2
 こんな中でもある程度の客が来ています.流石に東京だなと思いました.ここに来ていつも感心するのは,流石に都心のデパートらしく,幅広い客層に対応した品揃えであることです.今流行のハオルチアでも500円か数万円まで.普通の人が見たらどうして同じ大きさでさほど変わらない姿なのに数十倍の値段の差があるのだろう?と不思議に思うはずです.それがまた,のめり込むきっかけになったりするんですよね.要はきっかけ,知らないものを好きになり様がないですから.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR