fc2ブログ

大きな玉翁

 花の時期は決して悪くないのです.ただ今ある株はたいそう古株で大きく,ガタイに対して相対的に花の咲く部分が小さいのです.今年の春,頭をえぐって仔吹きさせてカキ仔から養成し直そうかだいぶ迷いました.そうこうするうちに暑くなってしまい,そのままでした.趣味のさぼちゃんでは,どうしても置き場所の制限もあり,大きいものはつい邪魔に感じてしまいます.やはり強制仔吹きさせて,サイズダウンすることにしますかね.

大きな玉翁


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

綴化ということば

 綴化をセッカと読むのはさぼちゃん趣味の世界だけのとても不思議な習慣です.漢字としてはテッカとしか読みようはなく,平尾さんもどこかで「間違った読み方が習慣化したもの」と書かれていました.そう言えば昔,正見さんの奥さんは,ツヅリカと仰っていました.植物学の用語では帯化が正しくタイカ,または分かり易くオビカと読んでいます.漢字は表意文字で,音声では??のことがあっても字を見れば一目瞭然,綴化もよく体を表していますよね.漢字の使い方は,それ自体が文化なので大切にしたいです.若い方が積極的にテッカと読んでいけば,30年もすれば普通になると思います.
 
マミ綴化

 さて今朝は強い霜が下りました。来週は冬至,一年でもっとも日差しの弱い時期ですが,今日は快晴.ハウス内気温の日較差は25℃以上あります.


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

珍腐

 蒸し暑い夏の終わり頃,ナルホド柱(珍宝閣)に異変が起きました.茎の下方から皮の下が黒くなり上に向かって広がりかけていました.こりゃ大変,珍宝くんが腐るなんて---.もし自分のものが黒くなって腐りかけていたら,そりゃもう,気絶もんです.これはなんとしても食い止めねば.メスで表皮を少しはぎ取ってみると組織への浸潤が見られますが,主に表皮下だけです.病変の進んだ部分からは黒い汁がでて滴っています.そもそもさぼちゃんの栽培書における病気の記載は極めて稚拙で,まず病原菌が特定できていません.ですからどんな薬剤が効くかという情報もありません.これは他の園芸植物にくらべても際立つ後進性だと思います.糸状菌の仲間だろうとあたりを付け,トップジンMとダコニール1000を交互に散布し,何とか収まったようです.テフロカクタスなども同じような病気が出ますね.だれか植物病理に詳しい人の助けを借りなくては,と思いました.

珍腐


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

三稜柱の実

 三稜柱の自家生産がようやく始められました.確かに自家受粉で結実しました.この仲間の受精がどのようになっているのか,ちゃんと調べたいと思っていたずらに時間が過ぎています.漸く材料も揃って来たので,来シーズンこそはちゃんとやろうと思います.それにしても三稜柱の実は,ドラゴンフルーツの果実にそっくりですね.花とか実はその植物の由来をはっきり示す器官だとされます.こりゃ確かに袖ヶ浦とは相当違うわ,と思わせる形態です.(明日から出張,日曜は相当寒そうですね.今年は訳あって内張りをしていません.少し心配)

三稜柱の実


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

ちょっと悲しい姿

 前の記事でキンシャチくんのことを書いたので,ついでに一つ.でも本当は記事にしようかどうか迷いました.出張の合間にある植物園を覗きに行きました.その街では名の知れた植物園です.でもそこで出会ったキンシャチくんは,ちょっと悲しい姿でした.キンシャチくんが柱サボテンになりかけています.植物園ですから,文句の付けようのない日当りとしっかりとしたガラス温室.強刺類は移植間隔を空けて締めて作るのが良いそうですが,移植をしないでずっと根域を制限すると横に太ることは出来ないようです.仕方なく古い部分を萎ませて,少しだけ上に伸びるといった成長を繰り返すのでしょうか.いったい何年植え替えていないのでしょうか,こんな実験はやろうと思っても出来ません.

悲しい姿


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR