嬉しいパキポの刺繍

 ボクが最近パキポジウムに興味があることを知っている友人から誕生日のお祝いにグラキリスの刺繍を頂きました.グラキリスの肌には微妙な色のグラディエーションがあることが上手に表現されています.糸色の選択がまた素晴らしいです.プレゼントする人のことを想って何かを創るって作業にとんと縁の無いボクですから,このようなプレゼントには無上の喜びを感じます.
誕生祝い2018
 今年は寒かったのですが,パキポ達はみな無事に冬を越せたでしょうか.保温マットを10℃位にセットしてビニルをかけて二重トンネルにしたのですが,何しろ隙間だらけのぼろ温室に居候しているので,今年の冬は気を揉みました.ちゃんと目覚めてくれるかなーと成長点部の動きを確認する毎日です.まず最初に花芽が上がって来ますから,楽しみ半分心配半分で眺めています.今年はきちんと交配して,しっかり実生を作って行きたいと思います.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
スポンサーサイト

2月のカレンダーの絵

 昨年末にボタニカルアードのカレンダーを買ったことを書きました.2月の絵は,鮮やかな赤い花の柱サボテンです.絵の丈夫にはCereus speciosusと書かれています.この学名は,多くのシノニムがあり,今はどうやらDisocactus speciosusとなっているようですね.柱や孔雀類に興味のないものには,縁遠い存在です.
 この種を描いたいくつものボタニカルアートがあり,古くからこの種が知られていたことが窺えます.AndersonのThe Cactus Familyによれば,そもそもDisocactus属の分類は論争の的になって来たこと,さらにDisocactus speciosusの最初に記載がなんと1803年,これまで多くの交配種が作られたこと等が書かれています.今はどれが真性なのか判別は難しいのかも知れませんね.メキシコからグアテマラ辺りの自生とのことですが,今から200年以上前,欧州へ運ばれこの鮮やかな赤い花に接した人はさぞ驚き感動したことでしょう.
2月のカレンダー

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

ボタニカルアートのカレンダー

 ステイショナリーブランドとして有名なカルバリーニ社から出された多肉とサボテンのボタニカルアートを12枚集めた来年のカレンダーです.使われている紙も上質で,外した後は絵だけ切り取って額に入れて飾れそうなくらいのクオリティです.
 表紙がこれ.19種のサボタニが纏められています.
カルバリ表
 裏表紙には12ヶ月それぞれを飾る絵が纏めて載せてあります.よく見るとその中の一枚は,以前に紹介したボタニカルアートと同じものです.ボクの持っているものは多分オリジナルですが,その一部を切り取ってアレンジしてあります.雑誌の挿絵として使われた版画ですから,同じものがいくつもあるのでしょう.
カルバリ裏
 ずいぶん昔のことですが,ロンドンのチェルシーショウを見に行った時,いくつかボタニカルアートを購入しました.その時サボテンの絵も確かにあったのに,当時はそれに興味がありませんでした.今になれば買っときゃ良かったなと思うのです.一期一会,ムムッと思ったら迷わず買うこと.これが人生を楽しむ秘訣かもね.


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

多肉ブームの中国からのお土産

 上海から友人が訪ねて来ました.ボクがサボタニを趣味と知っていている彼女が手土産に選んでくれたのは,このポストカードです.日本ではサイズが小さすぎて,ハガキとして送れないのかも知れませんが,中国だと大丈夫なんでしょうね.色々な多肉がかわいく書かれていて,その中の1枚は日本語で「かわいい」と書かれています.園芸界でのクールジャパンの一つとして,日本の多肉が中国で人気なのが窺えます.
 まん中の箱の左横下にある小さな箱は同じシリーズのシールです.とにかくかわいさを強調したグッズです.中国でも多肉植物のメインユーザーは若い女性なのでしょうか.
上海土産

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

ボタニカルアートになったエキノプシス

 昨日,エキノプシス メラノポタミカの花を記事にしてふと気が付きました.以前に買い求めたボタニカルアートの中にエキノプシスらしきものがあったのです.でもガタイの様子があまりにも刺サボテンのようで,果たしてこんなエキノプシスがあるのか?と思っていました.残念ながらこの絵にはまったく情報の記載がなく,種はおろかどんな雑誌の挿絵だったのかも分からないものです.
プシス?ボタニカルアート
 でもメラノポタミカが開会した様子をみているとこのボタニカルアートに描かれたエキノプシスらしきサボテンもまんざらウソではなさそうだと思えて来ました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR