ボタニカルアートになったエキノプシス

 昨日,エキノプシス メラノポタミカの花を記事にしてふと気が付きました.以前に買い求めたボタニカルアートの中にエキノプシスらしきものがあったのです.でもガタイの様子があまりにも刺サボテンのようで,果たしてこんなエキノプシスがあるのか?と思っていました.残念ながらこの絵にはまったく情報の記載がなく,種はおろかどんな雑誌の挿絵だったのかも分からないものです.
プシス?ボタニカルアート
 でもメラノポタミカが開会した様子をみているとこのボタニカルアートに描かれたエキノプシスらしきサボテンもまんざらウソではなさそうだと思えて来ました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

スポンサーサイト

貴重な古いカタログ

 ここに示したのは横浜植木株式会社が,大正6年に発行したサボテンと多肉植物のカタログです.このカタログには2枚の色付き図版が載っています.とても綺麗なので,紹介しておきたいと思いました.
横浜植木①
 挿絵の1枚目はCereus hankeanus(ハンケ柱)とEchinocactus texesis(テクサス玉)と表記されています.このハンケアナスは,近年稜線が渦巻きながら成長するタイプが売られています.テクサス玉は今で言う綾波ですね.綾波の美しい花弁が美しく描かれています.
横浜植木④
横浜植木⑤
 挿絵の2枚目はEchinocereus Salm–Dyekionus(公爵蝦)とPhyllocactus Ackermannii(アッケルマン孔雀)との表記が見られます.このエビサボは,今でも公爵エビとして流通しています.また孔雀サボテンの方は,Disocactus ackermanniiでしょうか。
横浜植木②
横浜植木③
 カタログ自体は300種以上のサボタニが掲載されていて,それぞれ値段がついています.ちなみにランポー玉が1〜5円.大正中期の小学校の先生の初任給が50円ほどなので,やはり相当な値段と言えます.こんな時にサボテンをたくさん持ってた人ってさぞかし,お金に余裕がある相当な植中毒だったんでしょうね.でも,タイムトンネルがあるなら,この時代のサボテン温室を見てみたいものです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

多肉も造花になった

 昨日に引き続き東京でのイベントでの一コマです.遠くからみてセンスの良い植物展示が見えました.近づくと多肉を中心とした観葉植物も交えたなかなか素敵なディスプレーです.でもオヤッと思ったのは何か少しポテッとしているのです.よくよく見るとすべてが,作り物でした.尋ねると樹脂で出来ていると,どうぞ触って下さいと言われ,実際に触ると流石に質感は違います.でもワックスの乗り具合など実に上手にできています.
偽多肉1
偽多肉2
 今や樹脂製の観葉植物は百均でも扱うごくありふれたのものですが,そのパフォーマンスは良くありません.しかし,この展示の商品は優れものです.世話が要らないという触れ込みに,ヤレヤレ多肉よお前もか,ため息が出ました.ブームにあぐらをかいていると,このような造花が溢れ,魅力を失い,全体として衰退するという道を歩みそうな気がします.多肉屋さん,ここは頑張らないと.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

フラワーデザインの素材としてのサボテン

 フラワードリームという花のイベントが毎年東京で開かれます.毎年かならずとはいきませんが,仕事の関係で見に行くことが多いのです.今年のフラワーデザインのコンテスト,ジャパンカップ2017の展示をつらつら見ていたら,金鯱が目に留まりました.オッと思って近づくと,ご覧の様に陵の間に生花を押し込んで全体として調和の取れた色合いのデザインになっています.花は黄色と白のリシアンサスでしょうか.まるで花器のようにサボテンを使うとは,なかなか素敵なセンスです.こんなことも出来るんだなと感心しました.
FD1
 更に歩いていると今度はサボテンの骨,つまりセレウス類の屍に観葉植物や多肉植物など配置したデザインもありました.これがサボテンの骨だと見る人んには分からないとは思いますが,創り手の拘りには感心しました.
FD2
 最近の多肉ブームを反映して,多肉の寄せ植えを販売するブースもありましたが,流石にサボテンは扱っていませんでした.
/a>
面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

オベサの絵

 先日この絵を手に入れました.ボクはユーフォルビアにはまったく興味はありません.でも素敵なアートとなると話は別です.細かな点描で描かれたオベサは,一見何かの抽象デザインの様でもあり,オペサを知っているものに取っては,ああ仔吹きタイプのオべサだなと思います.ボタニカルアートは単なる写生ではなく,対象たる植物種の生態を表すことに重点が置かれしばしば人工的に構成された絵になります.一方,植物をモチーフとして取り込んだ絵は,植物の細かな形態においてしばしばかなりのデフォルメがあり,全体として雰囲気が重要のようです.この絵を見ているとどちらの要素もあって,なかなか面白いと思うのです.
オペサの絵
 子供の頃,オベサと兜は良く似ているけどまったく違う植物種であることを得意げに大人に説明していたのを思い出します.まだアレオレの発達していない兜の小苗は,本当にオベサそっくりです.そんなことを思い出していたら,手元に一つオべサを置きたくなりました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR