fc2ブログ

植物を愛でる展

 東京に行く用事ができた時,Saori Ohwadaさんの個展が開かれているのを知りました.前に一度見過ごしているので,今回は是非と思いました.恵比寿の広重ギャラリーという小さなカフェギャラリーでした.
広重ギャラリー①2022
 これまで,雑誌で絵の写真を拝見したり,ポスターを購入したりしていましたが,原画を見たことは有りませんでした.原画たちの細密さと奥深さは,わざわざ足を運んで見て良かったと思わせるものでした.風景的に何枚か写真を撮らせてもらいました.
広重ギャラリー②2022
広重ギャラリー③2022
広重ギャラリー④2022.jpg
 ご本人がおいでにならなかったのですが,後になってインスタを見て入院されていた事を知りました.またの機会にお話をお伺いしたいものです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



黒王丸の絵

 毎年誕生日には,勝手に自分へのプレゼントという理由をつけてサボテンを買っていました.でもこのところサボテンの購入意欲が著しく低下して,高いお金を出して何かを手に入れるってことがほぼ無くなりました.これは一体どうしたことか,自分でもうまく説明がつかないのでが,事実そうなのです.
 そんな折,いつものようにインスタでサボテンを見ていたら素敵なサボテンの絵が目に止まりました.Green Prickleさんのものでした.早速フォローしてショップへ飛んでみたら,素敵な絵がたくさん.色々考えた末浮世絵風の黒王丸にしました.
黒王丸の浮世絵風2022.
 こんな自分への誕生日のプレゼントもいいでしょう,ウチのリアル黒王様は,静かに目覚めを待っています.もう少ししたらガツンと水をやります.そうすると蕾を上げてくるんです.
黒王リアル2022
 こんな絵を眺めていたらいよいよチリーに行きたくなりました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

SANO KAORUさんの植物からの手紙・秋便り

 以前からSANO KAORUさんのインスタやHPも拝見しており,いつか実際の絵をちゃんと見たいと思っていました.先日のことですが,色々予定が詰まっていて時間的にちょっと厳しいかなと思ったのですが,思い切って早起きして行ってみました.昭和記念公園に行くのは初めて,今回は入口近くの花みどり文化センターのみを見てすぐ引き返したのですが,全体はまたの機会にゆっくり散策したい所です.
 展示は自然光が差し込む広々としたギャラリーで行われていました.平日の朝のうちだったので,誰も居らずじっくり見ることができました.
Sano①2021
 オープンスペースのような展示だったのですが,展示会で写真を撮って良いかちょっと迷いました.撮影禁止の張り紙も見当たらないし,まあいいかなと撮っちゃいました.植物の絵はどれも素敵です.植物画ではありませんが,二匹の猫が旅をするシリーズの絵はHPで何度も見ました.実際に数枚展示されていて,やはり本物がいいなぁと.
Sano②2021
Sano③2021
 会場の一角にデスクがあり,そこでスケッチなどされているようです.その横の小さなパネルに,いくつかの小品がいくらか無造作に貼ってありました.その中のコピの絵が気に入りました.
Sano④2021
 残念ながら会場にSANOさんが来ておられず,お会いすることはできませんでした.彼女は様々な原産地を訪れており,植物画ばかりでなく,独特の視点からの植物の写真もたくさん撮られています.これからも素敵な絵をお願いします.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

ミイラを飾る

 捨てるに捨てられないドライカクタス,これを記事にしたのは3年前のこと.以後ずっとハウスの机上に転がっていました.
 これを何とか飾ってやらないと,と思いましたがなかなか方針が決まりませんでした.壁掛けにするか,大きなガラス容器に入れ込むか,単に天井から吊るすか等々.
 根もないことだし,枯れたミイラなんだから平皿に置くかと思い,それらしいものを買って,アレンジしてみました.
ミイラ①2021
 枯れた姿でも水気を与えるとまた違った様子に見えます.
ミイラ③2021
 生きたサボテンをオブジェのように扱う輩には到底同意できませんが,亡くなったサボテンを綺麗に仕上げてオブジェとして活用するのも悪くないなと思いました.ドライサボテンに何かいいネーミングを与えてくださる方は居られませんか.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

アズテキウムのアートプランツ

 近所に新しくホームセンターが開店したので覗きに行きました.昨今の多肉ブームですから当然サボテンも並んでいました.ホムセンに供給するところは限られているのでしょうバリエーションもさることながら値段は高め,でも田舎ではこんな所でしかサボテンは買えないんですよね.
 生きたサボテンはスルーしてこんな物を買いました,安かったので.以前にマグニフィカのアートプランツのことを記事にしました.最近は100均にもサボテンのイミテーションプランツが並びますが,レベルが低いのでインテリアに使う気もしません.これはギリギリ許せるかな,もちろん以前に紹介した陶植さんの作品とは全く比べ物になりません.まあお値段も20倍以上違うのですから,違うカテゴリーを比較するのは酷ですね.
アートプランツアズ2020
 商品ラベルにはアズテキウムの文字が.うーん,何をモデルにしたのかな.どうやらAztekium hintoniiがモチーフのようですね.でも残念なことにヒントニーは小型のサボテンでこんなに大きくなりません.もしこれくらいまで大きくなりこれくらいまで綿毛が出れば,それはさぞ人気のサボテンになることでしょう.下の写真はウチのヒントニー,ウチに来て色々あった苦労人の彼らはことさら小さく綿毛もあんまりありません.
ヒントニー3本2020
 アズテキウムは,花籠(A. ritterii)も紅籠(A. valdezii)もヒントニーも,覗き込む小さな空間にコスモスを観る植物です.この渋さを十分に表現したアートプランツをどなたか作って下さい.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
サボテン少年でした.

2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.

第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.

残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR