遂に捉えた犯人

 昨年牡丹類が頭から腐ることが話題になっていると以前の記事で書きました.またわが家でも亀甲系突然白い液を頭から出してその後腐るがという現象を見てきました.花ガラが腐るって言う話にはどうしても納得が生きませんでした.それではどうして最近になって問題になったのか説明が付きません.きっと何かの蛾の仲間の幼虫,おそらくヨトウムシの仲間の食害が原因だろうと思っていました.でもなかなかサボテンが腐ってからムシを探しても見つからないのです.先日とうとう正体を見つけました.写真の2枚目(嫌いな方はゴメンなさい)に拡大しました.オオタバコガです.近年施設園芸で問題になっている難防除害虫です.花が大好きな奴です.多くの薬剤に抵抗性を示し,かつ植物の中に潜むのでなかなか外から薬を掛けても効きません.成虫が産卵して数日で卵は羽化,約2週間で急速に大きくなり土に潜って蛹に,2週間でふ化.世代交替は約1ヶ月です.
 3枚目,4枚目は被害の様相です.どうやら花に産卵され,花から疣が食害され,そこから腐るようです.このため頭から腐るという現象になると考えられます.上部の疣が変色して始めて被害に気付くので4枚目のようにもう手遅れ.今年は6株もやられてしまいました.ときどきマミラリアもやられているようですが,全容は掴めていません.夏から秋に掛けて密度が増加して被害が目立つようになるそうなので,牡丹は格好の餌食になるようです.4mm目のネットを張ってハウス内への侵入を防ぐのがもっとも効果的な防除とされます.

ヨトウ1
オオタバコガ
ヨトウ2
ヨトウ3


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
スポンサーサイト

袖ヶ浦の病気

 夏過ぎから,ぽつぽつと袖ヶ浦に病気が出ています.接木苗の上部だったり,途中のアレオレだったり,株もとだったりと部位は色々です.共通するのは黒変すること,表面から周囲に広がっていくことです.特定はできていませんが,サボテン炭疽病かも知れません.セレウス類が罹ることは報告されています.子のう菌系の真菌です.有性世代が病害を起こすものと無性世代が起こすものがあり、それぞれ別の学名が与えられています.サボテン炭疽病は有性世代の菌らしいです.とりあえずキャプタン剤を散布し,何とか落ち着いています.サボテンなどマイナー作物にはほとんど登録農薬がなく,正式には使用することは出来ません.このような制限があって,適切な防除はなかなか困難なのは困ったことです.

袖の病気1
袖の病気2


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

珍腐

 蒸し暑い夏の終わり頃,ナルホド柱(珍宝閣)に異変が起きました.茎の下方から皮の下が黒くなり上に向かって広がりかけていました.こりゃ大変,珍宝くんが腐るなんて---.もし自分のものが黒くなって腐りかけていたら,そりゃもう,気絶もんです.これはなんとしても食い止めねば.メスで表皮を少しはぎ取ってみると組織への浸潤が見られますが,主に表皮下だけです.病変の進んだ部分からは黒い汁がでて滴っています.そもそもさぼちゃんの栽培書における病気の記載は極めて稚拙で,まず病原菌が特定できていません.ですからどんな薬剤が効くかという情報もありません.これは他の園芸植物にくらべても際立つ後進性だと思います.糸状菌の仲間だろうとあたりを付け,トップジンMとダコニール1000を交互に散布し,何とか収まったようです.テフロカクタスなども同じような病気が出ますね.だれか植物病理に詳しい人の助けを借りなくては,と思いました.

珍腐


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

サボテンシロカイガラムシ

 カイガラムシがセミの遠い親戚(同じヨコバイ亜目)だといってもピンと来ません.でも植物の表面から口を差し込んで樹液を吸うのは確かに同じですね.丸い円盤状はメス,小さくて細長いのはオスです.メス成虫は1ヶ月ほど生存しその間,殻の下に200余の卵を産みます.卵は数日で羽化,幼虫が周辺に分散して定着します.こりゃ知らぬ間に増えるわけです.スプラサイドが特効薬で成虫にも幼虫にも効きます.ある日太平丸にカイガラムシを発見し,毎日サボちゃんを見回っているボクの目は節穴だったのかと自嘲すると共に,ヤレヤレ持ち込んでしまったかと落胆しました.暖かくなる前に一斉薬剤散布をしなければなりません.

カイガラムシ

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
ご訪問の印にポチっと押して下さい

ウイルス罹病が疑われる

 大きな三稜柱に接がれたヘキランです.購入時は2cm余の小さなものでしたので,たぶん実生接ぎでしょう.ネット販売をしている業者さんから2株購入しました.気温が上がるにつれぐんぐん大きくなたのですが,ちょっと異常な表情を見せています.不鮮明な斑紋.不定形の壊死.これらは典型的なウイルス病徴です.しかも2株ともにこのような症状が出ました.さぼちゃんのウイルスに関する情報は極めて限られています.台木の古株から伸びた枝をハサミやナイフで切り取り台木に使っているのであれば,その園すべての台木は汚染株と言えます.多くのウイルスはタネを介して伝わらないので,花を咲かせて種を取ったらサッサと処分すべきなのかも知れません.悲しいですが.
バイラス2
バイラス1

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR