精巧丸綴化

 咲かないシリーズ第2弾.これに花が着くことを期待してはいけないのかも知れません.成長が極めて緩慢な精興丸ですが,綴化となって生長点が線になると数年間でそれなりにボリュウームが増して来ます.造形美を楽しんだら良いではないかと言えばそれまでなのですが,それでも何とか花が咲かないものかなーと何年も粘って来ました.でもどうやら難しいようですね.ネットでも精巧丸綴化の開花の写真は見られません.
精巧丸綴化2017
 一般論ですが,綴化になり年月が経て稜が細くなると殆ど開花しなくなります.これはどうしてなのか興味のある所です。精巧丸綴化はある程度の太さは保ったままで稜線が伸びており,これ位なら花を着けても良いのにと思って染まします.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
スポンサーサイト

多稜系の太平丸

 太平丸の稜数はたいてい8と決まっています.しかし中にはこれがぐっと少ないものもあれば、写真の様に多稜系といえるものもあります.写真を見て分かるように,この株は最近1つ減稜しました.段々と減っていくのかどうかも注目しています.この株は花王系ですが,他の系統でも多稜が認められることから,これは太平丸の中に広く存在する形質のようです.後代がどうなるのか興味のある所で,多稜系同士で交配してみましたが,なぜか発芽が良くありませんでした.そこで,その他普通の8稜のものと交配をしてみています.
多稜花王2017
 梅雨に入り,春に交配した太平たちが次々莢を伸ばしています.有星類のように,すぐに散逸することはないのですが,ほっておくと莢が萎びて取り出しにくくなります.毎日少しずつ収穫しています.
多稜系の実

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

コーデックス黒竜

 茎または根部が肥大してくる植物群をコーデックスと呼び,今大変なブームです.中には只の球根植物だよねってものまで,コーデックスだといって有り難がっている様子は滑稽でさえあります.サボテンの中にも乾燥地適応の一つとして根を肥大させるものがあります.そのう牡丹類はコーデックスだってことになるかも知れません.
 この黒竜なんかも典型的なイモ型サボテンです.以前にも書きましたが,このサボテンは根部の方がよほど大事と見えて,地上部をいとも容易く切り離してしまいます.そして外れた枝は挿しておくとあっという間に根を肥大させます.一体いつの間にこんなに養分を稼いだの?って不思議に思うくらいです.
黒竜コーデックス
 少し根を露出させて植えてみましたが,もしかすると迷惑がっているかも知れませんね.オプンチアの仲間に良くあることですが,この黒竜は,花茎が花後も枯れずそのまま茎と化してまたそこから花を咲かせたりします.この株は今年何度目かの開花ですが,枝をあまり伸ばさず,次々花をさかせていています.ちゃんと光合成産物をためられているのかと心配になったりしています.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

フクロウのエルサムにフクロウの大福丸

 以前にもヒトの顔認識機能が大変優れていることを記事にしました.ある日エルサムに咲く2輪の花を見た瞬間にフクロウだ!と思ってしまいました.一度そう思うと何度見てもそう見えます.やがてこの花は萎み,当然のことながらフクロウに見えていたエルサムくんはまた普通のサボテンに戻るのでした.
フクロウ
 そうこうしていると今度は大福丸がフクロウに見えて来ました.先の引用でニンマリと笑っているように見えたあの株です.生長点が完全に2つに分かれて,フクロウくんになりました.
大福フクロウ
 ヒトの脳がもたらす優れた顔認識機能は,時々こうしてサボテンくんたちを違ったものに見せてくれ,ひととき錯視を楽しむことが出来ます.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

ヘキラン好き

 どうした訳かヘキラン好きです.サボテン趣味を再開した頃,懐かしさも相まって有星類をいくつも手にしました.兜の変容に驚き,恩塚ランポーに驚き,ヘラクレスに驚きました.いくつかを手元に並べて行くうちに,だんだんとヘキランが増えて行きました.有星類でヘキランが好きだという人は珍しいらしく,うちに居る有星類で一番多いのはヘキランですというと,ヘーッという顔をされます.
 一枚目はごく普通顔.でもこの株,ガタイもさることながら,とにかく花のサイズがとても大きいのです.将来大株なるかなーと見ています.
ヘキラン大きな花
 次は亀甲ヘキラン.以前にヘラクレスのことを記事にしました.その血を受け継ぐものですが,この株は肌色といい疣の様子といい独特の雰囲気を醸し出していて今後どうなるか期待して見ています.
亀甲ヘキ2017
 これは良系の亀甲ヘキラン.5稜を保って大きくなってきています.これを中心に色々なタイプとのタネをとっています.
ヘラクレ
 丸亀甲ヘキラン.これは大型になる顔をしているなと期待しています.
丸亀甲
 最後は亀甲紅葉ヘキラン.紅葉ヘキランにもいろいろあって,以前にカニの様だと記事にした特殊な形の株もウチにはいますが,出来ればオーソドックスな亀甲の顔をして,かつ紅葉というのがいいなと思っています.
紅葉亀甲ヘキ2017
 相互に交雑もしてたくさんの実生が育っています.ただむやみに実生してもなーと思いつつ,それでも花が咲くと少しワクワクして交配してしまいます.今日もたくさんのヘキランが咲き,思わず色々と交配してしまいました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR