ヘキランの造形

 ボクは有星類のなかではヘキランが一番好きです.ほかの有星類はあまり集める気になれず、もっぱらヘキランだけ株数が増えてゆきます.子供の頃知っていたランポー玉は陵が痩せたものが多く、タマウリパスランポーと呼ばれたふっくらタイプが高価でした.ヘキランも同様でしたが,今はまん丸のヘキランがたくさん流通しており嬉しくなります.さらにアレオレの部位が独立して突起して来る亀甲と呼ばれるものや稜間に多数の突起が出来る複隆など色々なタイプが生まれています.これまで何度も紹介した紅葉系も楽しいものです.
ヘキラン副隆2017
 ボクはどちらかといえばシンプルな中に美しさが見えるタイプが好きなので,この写真のようなタイプが限界,これ以上ごちゃごちゃしたものは好みません.ご覧の様に花は正常で,交配種すると種子も取れます.でも,まん丸のヘキランを目指しているボクにとっては,これを親にした交配は想定外です.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
スポンサーサイト

かぎ刺を覗き込む

 気温が下がりマミラリア達のいくつかは盛んに成長しています.彼らのかぎ刺が重なる成長点部を覗き込むと,そこにはなにか不思議な世界が広がっています.子供の頃,月影丸のかぎ刺がぐんぐん内側から盛り上がって来る独特の成長点部を飽かず眺めていたのを思い出します.その奥には何か深遠な生命の秘密がありそうなワクワク感がありました.しかしサボテンの茎を立てに切ってみると,そこはあっけらかんとした白い柔細胞の塊で,なんら特別な秘密などなさそうでした.長じて植物科学を学び,単なる解剖学的観察から形態形成の遺伝子群のクロストークによる葉や茎,花の形づくりの理解は進みましたが,生長点を眺める魅力はなんら色あせることはありません.

カギ刺1
カギ刺2
カギ刺3


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

双頭の玉連に見る疣の変化

 これは,玉牡丹×連山.接木株を手に入れたものですが,入手した時に既に双頭でした.最初は余り気にならなかったのですが,段々と左右の株の顔つきが違って来ました.片方は中筋がきちっと入る亀甲連山系の顔を受け継ぎ,他方はごらんのように疣はのっぺりと玉牡丹型です.交配種とは言え,同じ遺伝子型をもつ1個体の2つの分枝のそれぞれの形態がかくも異なるのは不思議です.花の様子は疣ほど顕著な差は見当たりません.当初は少し育ったら,切り分けて二株にしようと思っていましたが,このまま育てることにしました.更に大きくなったらどんなふうになるでしょうか.

玉連②2016
玉連①2016
玉連の花2016
玉連の花2016-2


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

ゴジドトウの疣の変化

 これはゴジラ×怒濤花牡丹です.そもそもこうした種間交雑種は,実生個体によりその顔付きはずいぶんと異なり,それはそれで楽しいものです.この株はお迎えして3度目の秋を迎えます.段々と大きくなって来て目についたことがあります.それは疣の形態です.小さい時は疣のまん中に筋がはっきり通っていてそこに綿毛が生えるという亀甲牡丹の形質が見られました.しかし,段々と大きくなるに従い,出て来る疣のすべてからこの中筋が消え,どちらかといえば花牡丹の疣に近くなって来ました.2枚目の写真の様に花は中間型と言えますし,種もとれるので稔性もあります.さて将来の姿はどのようになるのでしょうか,楽しみに眺めてゆきます.

ゴジドトウ2016
ゴジドトウ2016−2


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします


テフロカクタスらしくない白狐

 学名は,Tephrocactus weberiを頂いていますが,始めて見た時はシリンドロオプンチアかなと思いました.なお今は色々近縁属をみなひっくるめてみなオプンチア属とされるようです.この種は,ずいぶんと縦長な茎節を持ち,黄色又は朱色の花を咲かせるようなので楽しみにしています.でも,コイツもまた成長は思わしくありません.さらに白い刺が命なのに,梅雨時に一部黒くかびてしまいました.ようやく出た茎節は成長不良.うーん一体何が不満なの?と思ってしまいます.こりゃ花が咲くまでまだ一苦労も二苦労もありそうです.

白狐2016


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR