コピがもう---

 東京で勉強会があり,あの合間をぬって鶴仙園さん本店へ寄ってきました.園のHPでコピアポアが入荷したことを知っていたからです.でも温室に入ってぐるっと見回してもコピはいません.棚を回って漸く小さな箱のなかに10株程度.100株ほど入ったのにあっという間に売れたとか.よくよく聞くと一人で何十万も買っていった人がいたとか,転売目的ですよね.うーんと唸ってしまいました.あまり心を動かす株が残っていなかったので,今回は,「お持ち帰り」は見送りました.
鶴仙園2017Aug①
鶴仙園2017Aug②
 まったくジャンルは違いますが,パキポ同様,ビザールプランツとしてのコピは相当な需要があると見込まれます.基本的に国際取引が禁止されている植物だけに,輸入はなかなか難しいはずです.今回長野のH園と一緒に入れたそうですが,なぜ先週訪問した廣仙園さんには入らなかったのかな,いつも同時に入るのになあ,と思いながら帰りました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
スポンサーサイト

廣仙園さん2017お盆

 お盆休みの最中に久しぶりに廣仙園さんを訪問しました.
 ハウスに入ってオヤッと思ったのは結構ハウスの棚が空いているんです.どうしてかなと思っていたら,この春から4組のタイのグループがやって来て大量に買い付けていったらしいです.なるほどねーと感心しました.彼の地では,空前のサボテンムームでしかも若い人達が多く活躍しているので,いよいよ活況を呈しているようです.
廣仙園お盆2017①
 もう一つオッと思ったのは天平系のギムノの親です.五十鈴園さんからいくらかを引き取ったとのこと.天平丸,魔天竜,光琳玉などの由来などをお伺いし,これらを基にタネを採って播いて行くという園主さんのお言葉を嬉しく拝聴しました.タイへたくさんサボテンが売られていくのは良いのですが,親株は自ら注意深く更新しながら維持しないと,日本のサボテン力は消え失せてしまいます.ボクたち趣味家は,トレーダーではない実生屋さんを応援しないといけません.
廣仙園お盆2017②

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

バリ島のオシャレな通りにて

 今回のインドネシアの旅では,殆どサボテンらしいサボテンは見ませんでした.気温的には十分で,屋外植栽に多肉やサボテンを十分使える所です.もちろん雨期にはたくさんの雨が降りますが,排水にさえ気を遣えば問題ないはずです.でも,色々巡った道すがら殆どサボテンは目にしませんでした.この写真は,最近人気のオシャレな街スミニャックでのブティックです.唯一まともに育っているサボテンでした.
スミニャック
 最近のタイ,中国でのサボテンブームは相当なもの,他の国でも今後趣味園芸としてサボテン多肉が広がるでしょうか.園芸におけるクールジャパンの一角として日本のサボテン力が注目されると嬉しいですが.


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

梅雨の愛仙園さん2017

 大阪に用事があり,梅雨空のもと,愛仙園さんを尋ねました.もうハウスは暑く長いことはうろつくことは出来ません.最上階のフエロのガラスハウスは大変風通しよく,心地よい風が吹いています.また今回目を引いたのはたくさんのパキポの実生苗でした.需要があるのは分かっていましたが,ちゃんと対応している方がおられるということですね.種取りも実生もさして難しくない訳ですから,かなりいい商売になっていることでしょう.
愛仙園2017夏
パキポ実生
 丁度遊びに来られていた中山寺のS管長と園主さんのメキシコ話をお伺いし,またS管長が大きなヒノキ板に揮毫する様を拝見するなどして,ついつい長居してしまいました.今回はレブチアを3株と下の写真の残雪の峰を連れて帰りました.この残雪の峰は,子供の頃にも持っていたサボテンで,懐かしさのあまり求めてしまいました.なんでも好きですねーと園主さんに感心されてしまいました.
残雪の峰

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

無惨な叢展

 たまたま東京へ行く機会があり,いつもの西武屋上でもと思っていたら,お隣パルコでサボテン展をやっているという情報を得ました.どんな展示をするのだろうかと興味津々で向かいました.
 さほど広くない会場で目にしたものは,サボテン展ではありませんでした.植物を置物のように並べ,異様,異形を見せつけるような何やらぞっとするような展示でした.空間デザインで名を馳せる主催者のようですが,およそサボテンを愛してはいませんし,おそらく植物にも愛情を感じていません.多くの展示物は同時に売り物でもありました.しかも法外な値段です.こんな所に買われたサボテンはかわいそうだし,またここから買われて陽の当たらない部屋にずっと置かれるかもしれない運命を思うと寒気を感じました.
 ずいぶんな毒舌を吐きましたが,どんなものだったのかは写真をご覧下さい.
叢展①
叢展②
叢展③
叢展④
叢展⑤


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR