ヌクヌクの不織布の中

 冬の陽射しを浴びて,マミラリア達が思い思いに蕾を上げています.斜めから陽がさすので,北側から覗くとみな体一杯にお陽様が当たっていて幸せそうです.不織布の外に比べて,陽射しのある日中は手を中に入れただけで暖かいと分かるくらいです.でも日最低気温は,1−2℃しか違いません.大した差ではないともいえますし,一日の平均気温,日格差などの点から見れば,大きな効果があるともいえます.これらの判断は単なる物理的計測値からではなく,生物の反応,すなわちサボテンの顔をみて判断すべきことです.まあ,今のところはまずまずの状態ではあります.
ヌクヌク
 不織布は薄い障子紙のような素材ですが,保温性と通気性があって,園芸生産では広く使われています.特にベタがけ資材として冬の野菜作りには重宝しますし,暖かい季節では虫がつきにくいので家庭菜園でも使い勝手がよいものです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
スポンサーサイト

不織布を試してみる

 ハウスの内張りをどうしようかと最後まで悩みました.これまで0.05の内張り用塩ビを天井下に張っていましたが,張るための作業が大変なのとなにより内側に着く水滴のボタ落ちが半端なく,仕方なくサボテン棚の上にもう一層ビニルを張ったりしました.保温性は確かに良いのかも知れませんが,本当に必要なのかどうか,かなり疑問を持っていました.そんな訳で,今年は不織布の浮きがけを試します.ベタがけはかぎ刺のマミラリアをたくさん持つ身としてはどうも頂けません.ここさぬきは温暖で滅多に雪は降らず,強い霜が下りる日も僅かです.ビニルハウスが氷点下になることは滅多に無いのです.なので,一冬に何度かしか無いごく低温の日に霜の被害さえ防げれば良いのではと思いました.不織布は通気性があるので,冬にお湿りを与えるような潅水後も露のボタオチを心配しなくて良いと思いました.  
 さてどのような評価になるか,来春まで観察を続けます.
不織布


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

アルビコマ綴化の大株小株

 綴化株は普通の株より生長点部分が大きいため成長速度はとても速くなります.その分,老化も早く,かつ生長点が線となってうねるので,単純に上へ上へと伸びる訳にいかず,生長に伴う空間利用が難しくなり,最後は押し合いへし合い,まるで移植をサボった実生苗のように自ら自家中毒気味になるようです.この意味では適当な大きさでバラしてやった方が,元気よく成長させられるといえるかも知れません.
 左側の綴化大株はすでにやや限界に近づいているようで,成長するための空間的伸びしろが残っていないように見えます.右側のような瑞々しい成長の様子がみてとれるうちは安心です.
アルビコマ大株小株
 以前にも何度か載せましたが,このアルビコマ綴化はちゃんと花を咲かせます.来シーズンはタネを採って見ようと思います.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

マミの群生大株は難しいね

 先日,月影綴化が腐ったことを記事にしましたが,程なくまたこんなことになりました.このブログで何度か紹介したM. scheinvarianaですが,残念ながら根腐れを起こしてしまいました.全体に少しボワッとしているなと思ったら,柔らかくなっていました.急いで掘り上げたらした半分位は根から腐りが進行していました.大きな株は下部が蒸れやすいですよね.鉢底に使う大粒の日向土を表面に敷いていたのですが,薬石効なくって感じですかね.グロい写真でゴメンなさい.
スケイン腐る②
 それでも腐りの入っていない部分もあったので,切り離しました.たくさんの分枝も腐りの入っていない所まで切りましたが,以外と多くの分枝が健全なままでした.これが乾燥している季節なら,ひとりでに腐りの進行は止まったかも知れません.
 下の写真,左上の分枝の一群は健全なものでした.左下は腐敗が進行した部分です.その分枝を一つ一つ切ってみた切り口が写真の右側です.下側の様に腐敗が進行した分枝はもうダメですが,上側の様に切り口が綺麗なものは,多分挿し木で救えると思います.
スケイン腐る①
 鉢のサイズが大きすぎたのでしょうかね.でも群生株をギリギリのサイズの鉢に植えると水がやれなくて,それがまた気になったりするんですよね.やはり大株の管理は難しいですね.潅水の精度を高めるしかないのかもしれません.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

いよいよネオポルの季節がやって来る

 冬の楽しみはネオポルテリアの花を愛でることです.お陽様が出ない日は,たとえ温暖な讃岐の地とは言え実に寒々としています.そんな中で,ネオポルテリアの美しい花には元気をもらいます.
ワーゲンナピナ2017
 この株を手に入れたのは3年前のことです.その時の幼い風貌からするとずいぶんと大人びて来ました.ただガタイはそれほど大きくなった訳ではありません.このワーゲンクネヒティナピナという名前をもらった株は,冬ばかりでなくほとんど年中ダラダラと咲いているのです.それには訳があることを以前に記事にしました.花を愛でたいボクとしては,こうしてたくさん咲いてくれるのは実に嬉しいのです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR