fc2ブログ

兄弟かと思ったら偽名でした

 サボテン界には全く縁がないのに,外見がよく似ているものがあります.兜とオベサは,よく話題にされるのですが,ちょっとでもサボタニに縁のある人なら,そうかなー全然違うけどなあと思ってしまいます.ひと様からお宅のお嬢さん達は瓜二つね,と言われても親から見ると全然違うのにって思うのと同じかもしれません.以前に,ノトカクタスの獅子王丸とギムノのシャツリアナムがよく似ているってことを記事にしました.
 今回の話題はまた違う組み合わせ,でも今回は他人の空似ではありません.先日ネットで極美丸(Oroya laxiareolata, syn. O. peruviana)という名前で苗を手にしたのですが,家に居るマツカナ オウレイフローラ(Matucana aureiflora)そっくりなのです.おやおやと思いながら並べて写真を撮りました.よく見れば確かに多少は違いますが,個別に差し出されるとどっちがどっちなのかとっさには分かりません.
義兄弟①2021
義兄弟②2021
 でも花が咲けばこんなに違います!ってことかもと,しばらく待ちました.まずはマツカナ オウレイフローラです.蕾は茶色い毛に覆われ,開いた花は黄色のやや細長い花弁にほぼ白い葯と柱頭です.
マツカナオーレイ2021
マツカナオーレイ横2021
 そして通称極美丸くん,うーんと唸ってしまいました,やはり同じじゃないですか.これは極美丸とは違いますよね.ネットで手にする際は1枚の写真が頼り,時には本当かなってこともありますね.今回もそれ,やはり直接目で見て手にしたいものです.
極美丸開花始2021
極美丸開花2021
 これが株を供給した人の単発の勘違いなら良いのですが、深刻なことはこの間違った名前のもとでマツカナ オウレイフローラが一定度流通していることです.今はネット時代,一度間違った名前で流通するとその後の検索でいつまでも間違いが拡散されてしまいます. 気を付けなければと思いました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいてます。
先日、私もオロヤ名のマツカナを愛知県下のサボテン園さんで4ケースほど見ました。
園主に訊くと、実生屋さんから育成農家に渡って商品になったもので、すでにかなりの量が小売業者に出回ってしまっているとのこと。サボテン業界はメジャーな種類でないかぎり、仕入れた名前のまま販売されるケースが多く、今後もこういった間違いは続くと思われます。
ブームで供給が追い付かないという声を耳にしますが、名前の間違いはブームに水を差しかねません。せっかく「日本カクタス専門家連盟」という組織があるなら、売り買いだけでなく鑑定眼も養って頂きたいものですね。

No title

noriaさん、コメありがとうございます。
この様な間違いをして苗を買ってしまう失態は当方も実に恥ずかしいことなのですが、名前の間違いはサボテン業界全体の信頼性が低下することでもあり、気をつけないといけませんね。自戒を込めての記事であります。

はじめまして、大兄の意見にはつくづく頷く事あり、🌵が流行りで春先にはHCや花屋にも並び、廉価で求められるのは良いのですが、あんまり名無しの権兵衛ばかりってのも困ります。

No title

俵様、コメありがとうございます。
100均でサボテンを求めたことで、サボテン趣味が始まる方が結構いるのですが、100均サボテンには名無しが多いですね。残念なことだと思っています。また日本にはweb上で信頼性の高いサボテンのエンサイクロペディア的なサイトがないのが問題なのかも知れません。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR