FC2ブログ

今年も年末向けての用意が始まる

 師走という言葉の響きが,人々を気ぜわしくさせます.すでに来年の手帳を使ってスケジュール管理が始まっており,鬼に笑われる毎日です.
 今年もクリスマスカード用に写真を撮って,ついでにお正月用も取り,来年のカレンダー作りを始めたり.年賀状の印刷も間もなくしなければなりません.毎年のように登場する小さなサンタの人形にマミラリア スケインバリアーナをよじ登らせてみました.この株はかつて大きな群生株が腐り,分枝の一部を救出し,それが再び群生株に仕上がってきているものです.
年末の用意2019 
 殊の外忙しい今年の師走ですが,やってる事,考えている事は毎年と大して変わらないのです.忙しいと嘆くより,それもこれもエンジョイする気持ちで臨むことが幸せに生きるコツかもしれません.
 これからしばらくは,ブログ更新のペースもスローダウンしてゆきます.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

スポンサーサイト



3年連続のしんがり

 もう牡丹の季節は終わりました.でもこの黒牡丹交配種は,師走に入ってから開花しました.実はこの株,去年も一昨年も牡丹類のしんがりを務めたことを記事にしています.
 つまりこの遅咲きは,単なる偶然ではなくそのような性質を持っていると思われるのです.牡丹類がなぜ秋に咲くのか?は誰も実験的に高めていません.でも気温の低下が作用しているだろうと予想されます.そうすると花芽発達開始の限界温度がかなり低いので,遅咲きになると予想されます.ただし接木すると黒牡丹とか姫牡丹は年中咲いてくる現象が見られるので,一概にそうは言えないかもしれません.
今年のしんがり2019
 すっかり落ち着きを取り戻した牡丹の栽培棚.今年はまだ少し水やりをしています.じっとしている彼らに,春が来たら移植してあげるからねと声をかけました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

知らぬ間に大きくなっているクラビ

 このヘンテコリン君,オトンナ クラビフォリア(Othonna clavifolia)を手にしたのは去年の5月のことでした.そして綺麗な鉢に上げたのは去年の秋.恐る恐る栽培を始めてみたのですが,知らぬ間にずいぶんとしっかり成長しています.キク科とはいえ,普通の草花のようには育たないことは分かってました.でも栽培困難種とは言えないのでは?と思うようになりました.一年中ボチボチ水をやっていて,夏になっても落葉するわけでもなく,秋になると新しい葉を出し,花をあげてくる.風が通る無加温のハウスの片隅で元気にしています.
クラビ2019
 故郷のナマクアランドでは乱獲が心配されているようです.国内で種子をまいて増やす試みを始めないといけませんね.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

小さなマミラリア たち

 この白い小さなマミラリアモンストがイタリアからやって来たことを以前に記事にしました.大変美しく成長し,冬が目の前のこの季節に花を上げてきています.この時期,白さが一層際立っています.
オルガ2019
 次は銀手毬(Mammillaria vetula).これもまた今頃から花を咲かせます.覗き込むと美しい世界が広がっていますが,なかなかじっくりと眺めて貰えないごく地味で小さなサボテンです.そういえば去年もこの時期に記事にしていました.
銀手毬2019
 そして最後はヘルナンデシー(Mammillaria hernandezii).世の中に出回っているヘルナンデシーはぷっくり膨れてイボとイボの間から緑の地肌がまる見えの姿です.でもうちのはまるで違う植物のように萎んでいます.どうやら寄せ植えバットの住人には向かないようです.来年は個鉢に上げてしっかり水をやりましょうかね.
ヘルナンデシー2019

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

2019師走の西武屋上

 夕暮れ迫る西武の屋上へ,友と連れだって立ち寄りました.どの時間帯に行っても客人が耐えません.今回はタイの方でしょうか,外国の方が数人,たくさんの多肉を買って行かれました.
西武屋上19師走①
 今は丁度余り花のない時期ではありますが,来春の楽しみになるようなものがたくさん並んでいました.
西武屋上19師走②
西武屋上19師走③
 今回は,ラウセリー (Thelocactus lausseri).うちに一株居るのですが,あまりにもうねる刺が素敵だったので,連れ帰ることにしました.原産地には相当刺の立派な遺伝子型もあるようで,開発さればもっと魅力的なサボテンに仕上がる可能性があります.
西武屋上19師走④
 さて都内はどこもクリスマスモードでした,もう年内には東京へ出かけることはないなーと思いながら帰路につきました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR