fc2ブログ

富袖の果実と後代

 富袖はエキノプシスウンドラータに臥龍をかけて作られたとされ,作者の名をとって通称‘富袖’と呼ばれているものです.花は中々清楚でボクは好きです.接木の台木として使えるのかどうかは不明ですが,成木の成長具合を見るとこのままでは期待薄です.
富袖の花2022
 どうしたら着果させられるかは以前に記事にしたように,花袖,夢袖などの花粉でも着果するのでおそらく袖ヶ浦の花粉でも大丈夫で,今回プシスのウンドラータの花粉をかけたら予想通り着果しました.
富袖果実2022.
 先に採れた富袖×花袖の種子を蒔いたものですが(写真中央の3列),なんとなくバリーエーションがありそうですね.もし普通にかかっているのであれば面白いことです.
富花実生2022
 今回の富袖×ウンドラータの種子はある程度採れたので,興味のある方には少量ですが差し上げます(PCヴューにして左のカラムにあるメールフォームからご連絡ください).生えるかどうかもわかりませんが,親とは違ったものになればそれはそれで面白いではありませんか.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



秋の花シューマニー

 蓬莱宮(Mammillaria schumannii)くん,ブルー肌も鮮やかに今年は元気です.夏の終わりからポツポツと咲いていたのですが,ようやく少し纏まって咲きました.この株は,4年前に廣仙園さんで果実のいっぱい着いた株を1鉢連れ帰ったものの一つです.あの時の種子は,一部は自分で蒔いて,その他はお返ししました.
蓬莱宮①2022
 その時の実生苗も既にみな開花株になっています.どういう具合か分かりませんが,実生の若苗の開花期の方がぐっと早く,今咲いているものはありません.秋の灌水に反応してみなぷっくりと膨れて元気が良さそうです.
蓬莱宮③2022
 このシューマニーは,マミラリアの中ではちょっと傍流にいて,かつてはBartschella属とされていました.故郷はバハですが,他のバハグループのマミラリアとも少し違う形態の花をつけます.遺伝的にはブーリー(桜富士)に近いようで,ガタイおよび花の形態を見るとなるほどと思わせます.
蓬莱宮②2022
 何はともあれ,このブルー肌のマミラリアは花がない時もなかなか風情があり,大好きなサボテンの一つです.白花があるとされるのですが,まだ実物を見たことがありません.ぜひ見たいものです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ガッセリアーナのかぎ刺

 ガッセリアーナ(Mammillaria gasseriana)のカギ刺のことを以前に記事にしました.その時得た種子を蒔いてそこそこの大きさになったのが下の写真.全く中刺がありません.
ガッセリアーナ実生2022
 これらを移植してしばらく成長させるとカギ刺が現れてきました.
ガッセリアーナ実生カギ刺2022
 一方発芽間もない実生を3個体をキリンに乗せて大きくしてみました.
ガッセリアーナキリン2022
 それぞれのカギ刺の様子はご覧の通り,カギ刺の有無を含め個体差が大きいことがわかります.彼らのカギ刺はそのうち全て消滅するでしょうか.
ガッセリカギ刺③2022
ガッセリカギ刺②2022
ガッセリカギ刺①2022.
 こうしてみると発芽後しばらくはカギ刺がなく,成長に伴って出現するもそこには個性があり,齢が進むと全てがなくなるってことなのでしょうか.この種の記載でも中刺フックは0−1本などとなっているのはこうしたことを反映しているのかもしれません.
 そもそもこのガッセリアーナというサボテンがどのようなものか,分類も決して単純ではなさそうです.Lüthyの分類ではガッセリアーナはウォルシュラゲリと共にラシアカンサの仲間とされます.確かに目の前にあるガッセリアーナの風貌と花の様子は,ラシアカンサに近いものと思わせます.同時にシノニムとしてビエスケンシス(M.viescensis)が挙げられていますが,国内流通のビエスケンシスとは随分異なります.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

アストロの実生の顔

 アストロの実生は,5mmぐらいまで育って来るとそれらしい顔つきになってきます.それぞれ個性あふれる幼子の顔つきを比較してみました.まずは恩塚ランポー.恩塚ランポー同士をかけると当然白点のあるものばかり生まれてくるのですが,そこにはご覧の通り濃淡があります.毛羽立つような白点のものが恩塚らしい恩塚になります.しかし,その中の一定数は以前に報告した団子や多稜になって成長の悪いものがあるので,実生接ぎの段階での見極めは難しいです.
良恩塚実生2022
 次は亀甲ヘキラン.実生の段階で,稜線よりイボが目立つ亀甲顔が目に付きますが,そこからだけで将来の顔つきを想像するのは難しいようです.
亀甲ヘキ実生2022.
 そして紅葉系ヘキラン.紅葉系と非紅葉系をかけた第1代は,紅葉形質の発現は低いのですが,紅葉系と紅葉系を掛けると実生のうちからはっきりと紅葉してきます.大きくなってもしっかりと紅葉し続けるものをこの段階で選べるのかどうかは,経験不足で分かりません.
紅葉同士実生2022.
 最後はランポー兜.ボクが子供の頃,ランポーと兜はほぼ掛からないとされていました.しかし,今は思ったよりずっと簡単に種子が採れるし,発芽もします.これは使用するランポーと兜の雑種性が進んだためでしょうか.下の写真のようにうっすらと斑の入ったようなものも出ます.種間交雑種では葉緑体欠乏(アルビノ)や形成不良が出ることは他の植物でも知られており,やはり種間には一定の交配バリアがあるのだなと思わせます.
ストロンギスパ兜2022
 趣味のサボテン栽培では,播種して生えた実生を全て育てるわけにはいきません.どこで選ぶか(捨てるか),早いに越したことはないのですが,悩ましい課題ですね.飛び苗といって元気で大きくなっている苗を選ぶのは健全種苗の生産では理にかなっていますが,それでは変わり者(変異の起きたもの)を拾うことはできません.変わり者はたいていが生育不良だからです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

秋のディオイカ

 いつまでも残暑がきびかった今年の初秋,台風が来る前でまだ暑い日が続いていた先週にディオイカが綺麗に咲いてきました.このバハグループのマミは,本当に開花期が安定していません.そのことはこれまでも記事にしてきましたが,彼らの開花要因は一体何なのか計りかねています.
ディオイカ2022
 かつて単独丸という名にワクワクした少年の頃,こんな魅力的な花が咲くとは知りませんでした.以前の記事でも書きましたが,この株は機能的雌性株です.
ディオイカの花2022
 両全花を咲かせる個体を手に入れて,自分でも繁殖してみたくなりました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
サボテン少年でした.

2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.

第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.

残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR